大事なもの

こんにちは。jinです。

訪問看護という仕事をご存じでしょうか。

家に来て、掃除や洗濯、買い物などのお手伝いをするのは
訪問介護サービスで、ヘルパーさん←というと
イメージしやすいかもしれません。

訪問看護は、名の通り
看護師が自宅に訪問して、病状観察や必要なケアなどを行います

私は理学療法士ですが
訪問看護の中には、看護によるサービスと、
リハビリテーションサービスがあり、病状や環境に合わせて
評価・計画を立て、援助していきます

病気や、体力低下などで体調を崩してしまっても
住み慣れた地域や自宅で生活したい
自宅で最期を迎えたい・・

そんな想いを持たれる方は多いかと思います。

しかしそこには、何かしらの問題や不安があることもあります

家族だけで介護や医療的ケアができるだろうか
一人暮らしだから、自宅での生活は厳しいのではないか

と本人にも、家族にも、不安に思うことって出てくるんです。

そんな時
一つの案として利用が考えられるのが「訪問看護」です。


訪問看護は、地域で暮らす、赤ちゃんから高齢者まで
全ての年代の方に、関係事業所や、多職種と協力しあって、
一人ひとりに必要な支援が行えるところです。

(本当に利用を検討したい際は、
受診している医療機関、お近くの訪問看護ステーション、
地域包括支援センター、
市区町村の介護保険や障がい福祉の担当窓口などにご相談ください)

理学療法士として病院勤務歴もありますが
訪問看護は一人で
現場(自宅)に行って個別性のある援助を行います

病院では、歩けても
退院して自宅の中の環境や、自宅の周囲の環境は違います

そこで、いかに、転倒や怪我無く安全に過ごせるか
場合によっては福祉用具で手すりや補助用具を提案したり
人によってはもう少し筋力やバランス能力が欲しいと練習したり
でもあくまでも、自宅で過ごす時間のほうが長いので
自主練習や、家族が支援できるように助言したり、

訪問看護と訪問介護、通所系のサービスなど
ケアマネージャーさんのplanに則って
医師の指示のもとで、私たちは利用者様や家族の方が
相談できたり、自宅で生活継続できるようにと
支援させてもらっています。


やりがいのある仕事だからこそ
私にとっては、「仕えている事=仕事」ではなく
「やりたいこと。
貴方が来てくれて良かったと
言ってもらえる支援者になりたい=”志事」です

コロナ禍で特に利用の減はありませんでしたが
訪問先であった施設自体の面会制限に伴って、
その中で生活されている方への利用は
一時休止になることもありました

(看護師の訪問はOK(点滴やバルーンなどの処置などがあるため))
(リハビリ専門職の訪問は休止というパターンも。)

逆に
通所系サービス(外来リハビリなど)を利用されていた方が
病院に出ていくことを控えるために
訪問サービスに変更され、訪問看護への依頼が増えることも
起きています。


訪問看護・・・職種でいえば、代わりはいると思います

しかし、誰かがこうしたサービスを提供しているから
家で生活できている人が多くいることも事実です。

もし自分が、自由に動けなくなったら。
家で生活したいと望んだら。

一人では、難しいと思います。

ネットで注文しても、届けてくれる誰かがいる
買い物を、お願いできる誰かがいる

そうして支えあっての社会があります。

とはいえ、雇用されて働いているだけでは
会社の経済面に左右されることもあれば
自分の労働に見合った給与かどうかではなく
規約に沿ったものしか得ることはできず

私も、それだけの生活ではいけない

たとえ、志事であっても
本当に体調崩して働けなくなったら
得るものも得られず、
生活費さえままならない状況になる可能性は
ゼロではない・・・

そんな想いや危機感もあり
お金を稼ぐ だけではなく
お金の使い方、お金の働かせ方について
考えるようになったのです。

何が一番大事かなんて、人それぞれですが
その大事なものを守るために必要なものは
時間、気持ち(マインド)、お金
そしてなにより、情報だと思っています。

そうやって時間管理するのか
どうやってマインドを維持するのか
どうやってお金を作り、守るのか

そうしたくても、どうしたらよいのか、という
情報がなければ、行動を起こすこともできないです

その情報を取るためにできることは
情報が流れているところに身を置くことです

今、その情報を得られる環境にありますか?
欲しいと思うのであれば、「今」のままでは
変わらないのです。

貴方が守りたいものは何ですか?

私は、自分や子どもたちの未来のために

情報をとって、活用していきたいと思っています。

一緒に見ていきましょう。

変わっていく自分に、きっと出会えますよ。

公式LINEで個別でのやり取りしています

LINE

どんな私か知ってもらって
色々とお話しできたら嬉しいです。

また、情報の流れている環境に案内できます。


今すぐにでも
貴方が必要とした瞬間に
ご案内できます。

その際は、一言、教えてください。

Wowappで繋がる↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました