”コトバ”の大切さ、難しさ

myumyu

こんにちは、jinです

昨日新しいものを自分の生活に取り入れてみました

↓の記事をどうぞ☆

↑↑↑はじめました↑↑↑

言葉だけで会話をしている空間です。

聞いているだけ、リスナーとしても楽しいのは

会話している人たちが、楽しんでいるのを聞けるからでしょうね☆

ことば。コトバ。
文字だったり、声だったり
多くの方のコミュニケーションツールになっていると思います

対面でいるときは

それに加えて、表情だったり、態度だったりの視覚的情報

声色や、話す速度などの聴覚的情報

また、どこで話しているか、などの環境的情報

コトバ以外の色んな情報が、一緒にあることで
伝わるもの、伝わってくるものも、たくさんあると思います

セミ対面としては、zoomなどの顔が見えるツールもありますね

そして、チャットやメールといった、文字だけの会話もあります。

最近、ここの大切さと難しさをよく感じます。

伝えたいことを、簡潔に、でもわかりやすく、でも詳細に
伝えることも難しさ。

こうしたブログも、似た類です。

ですが、ある程度一方的に、想いを綴れるブログとは違って

チャットで、会話をする
相手とやり取りをする

これは、コトバのキャッチボールが必要です。

また、チャットも、文字を打つという
わずかながら手間もかかり
それは相手も同じです。

そんな中で声をかけたことに対して

てんで違う角度からの返事が来たり

論点がずれていってしまうこともあります。

そんな時は
「自分の聞き方がまずかったかな?」
「こういう言い方したから、違う捉えられ方をしたかな?」

など
自分の発言を省みることもあります

自分なりに改善を試みて
再度会話してみても

やっぱり相手にはうまく伝わっていない

このすれ違いは、自分にとっても、相手にとっても
あまり良い時間とはいえないですよね;

言い回しや、促しも、
ある意味経験やスキルだなあと感じます。

なぜ、そう伝えたいのか
何を考えて欲しいのか

自分なりに伝えながら
共に学んでいけたらいいなと思います。

私のことを知ってもらいつつ、
色々と仲良くなれたら嬉しいです

自己紹介 記事

jinのページ

公式LINEで
個別でのやり取りもしています

LINE

 clubhouseユーザーの方
 一緒に楽しみましょう☆↓

 @jin1103

どんな私か知ってもらって
色々とお話しできたら
嬉しいです。



特別な情報の流れている環境に
案内もできます。


今すぐにでも。
貴方が必要とした瞬間にでも。
ご案内できます。

その際は、
一言、教えてください。
まずは、そのためにも
私自身と、繋がっておいてください

Wowappで繋がる↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました