一緒に成功して、成長しましょう☆

myumyu

こんにちは、jinです

自分が成長しているなあって感じるのは
どんな時ですか?

誰かの成長を感じるとき
例えば、子ども。

「こんなことができるようになったね!」とか

”以前はできなかったことが、できるようになった”

そんなときに、成長したって感じますが

ではなぜ、成長、できたのでしょう?

成長するために、何をしたのか

意識はしないかもしれませんが

先の例えを使うとしたら

「以前はできなかったことが、できるようになった」

それを、親である私が感じる。
この流れの中には、その過程がたくさんあります

●以前、やってみたことがある
●やってみたけど、できなかった
●そこで、「できないから」と
 二度とやらないという選択肢もあった
●それでも、再度やってみた
●何度も何度も試みた
●そしたら、できるようになった
●それを、親に見せることができた

こうした過程があって
最終的に私がそれを知ることができて

子どもは「成長した」と
親は感じます

本人は、どうなんでしょうね。

子どもは無邪気に、やってみることを
繰り返しただけかもしれません

「自分が成長した!」なんて
感じていないかもしれませんが

ただ純粋に
「できるようになった」と喜んでいるのでしょう

でもそこに至るまでに

「諦めない」「挑戦する」
「できるようになるために、原因を探る」
「コツを探す」「できるような環境を整える」

そんなことを無意識にしているのかもしれません

成長と成功

成長するためには、成功することが大事です

ここでいう「成功」は
「できた」こととは違います

「できるようになりたい」という目的のために
その目標を叶えるために
自分には何ができていて、何が足りていないのかを考え

そこで止まるのではなく
そこからできるようになるために歩き出すこと
前に進むこと

それが成功であり、成長のために必要なことです

となると

「前に進み続けること」は成功の連続、ということですね

逆に
「何も考えずに現在の状態で止まること」は
安定なのかもしれませんが、何も得られない、ということにもなります

安定・・・安く定められる自分
そのままの自分でいるか
成功し続けて、成長する自分でありたいか

一度きりの人生なら
成長して、色々な出会いも広がって
目標や目的を達成しながら楽しく笑顔で
過ごしていきたいと思いませんか?^^

環境は整えられます

何かを成し遂げたいという想いがあるなら

そこから一歩踏み出す環境はたくさんあると思います

大切なのは
成功【前進】は重要ですが


遠回りで手探りの成長よりも、
先生「先を生きる人」「先に成功している人」に
道を習うこと
が、よりよい選択肢になると思います

その環境は、待っているだけでは得られないし
まず、見つかりません

自分という存在を認識し
また自分が身を置く環境を探し
そこに実際に踏み込んでいくことが必要です

そして踏み込んだことで達成ではなく

またそこから踏み出す
それが、成功の連続、になるのです

立ち止まることはありません
人生いつも勉強です。

そうして得るものの有難みに気がついたとき

自分だけではなく、
自分と同じように悩んだり、立ち止まっていた人も
共に成功し成長したいと思うようになり

またそこでも、自分の世界を広げる一歩となり

成功、ですね。

成功って、難しいことではありません

今の居場所から、目標に向かって踏み出すことです。

ともに、成功し、成長していきましょう☆


コメント

タイトルとURLをコピーしました