自分に感謝する

myumyu

こんにちは、jinです

前の記事で、感謝することの記事を書きましたが
その中で、

感謝の方向を自分に向けることの話題がありました

自分に感謝してますか?

私は昔、高校生とかかな
「自分のこと、嫌い」って思ってました。
自分にはいいとこないなーって感じてました

かなりネガティブな時期もあり

自分のいいところを見るよりも
自分にできないこととか、やれないことに注目してしまって

こんな自分だから、、、、って思考でした。

専門学校時代になってから徐々にその思考が変わったのは
友だちが、自分のことを見てくれていて
必要としてくれる瞬間が何度もあって

(なぜ気づいたのかといえば・・・
 日頃はさっぱりとした付き合いで
 仲良くなっていても弱音吐かないし
 親友っていえるくらい一緒にいる時間長かったけど
 いるのが自然で、あまり言葉で伝えない彼女が
 実習で大変すぎた時に
 泣きながら電話してきて会いに行った経緯
 jinになら話せる、って
 甘えて?信頼してくれた出来事が大きかったです)


(伝えてくれることがほぼなかったので
 日頃、言葉にない分、当時の私はすごく嬉しかったんです)

はじめはすぐには変われないので
こんな私でも必要としてくれるんだ・・・

って感じだったのですが

その瞬間が積み重なっていって
少しずつ、自分のこういうところって、誰かが必要としてくれるんだ、とか
できないことはたくさんあるけど
できることやってたら、ちゃんとそこに「私」はいる

そんな風に考えられるようになってきて

変わりたい部分はあるけれど
それでも、今の自分はこうなんだから、それでいいかも

自分のこと嫌い、って言ってる人を
他人が好んでくれるはずがないし

自分の弱い部分も含めて自分が認めて
それも含めて自分だからって思えたら
すごく気が楽になりました


自分のことを自分が認めて
その存在に感謝していたら

感謝の気持ちで心が満たされていく分、
周囲にその感謝だったり愛だったりを共有したくなっていきました

理学療法士という職業柄でも
怪我の回復や病気と付き合いながら生きていく人々とたくさん関わり

自分を出しながら働く職業でもあるので
そこで気持ちが切り換えられていたのは
よかったなって思います。

周りに感謝や愛を伝えたい、分かち合いたいとしていたら
そういうのって、人から愛されるエッセンスにもなると思うし

そんな人に出会えたら、こちらも返したい!とか
一緒にいたい!とか、前向きな変容も起きます

感謝の連鎖から、幸せの連鎖。

大切な、大好きな人に囲まれて生活できたら
また、自分がその場にいるという環境にも感謝できますよね

もう、感謝しかない流れですよね。

感謝は与えるだけではないからこそ

自分は誰かに対してなにもできない

もしそう思う瞬間があったら
その〇〇に対して、というのを自分に対して、に
一度置き換えてみてください

自分は、自分に対して何もできない

自分に対してできることは
そんな自分を認めてあげることです

今自分が持っているものを、書き出してみるのもいいかもしれません

自分には、こういうことがある
自分にもこういうものを持っている

自分を認めてあげて
それから周りを見ると
たった一人でも、そんなあなたを必要としている人がいれば

あなたの何もできない、というものは消えていきます

でも実は

自分を見つめなおすって、結構エネルギーいるんですよね

自分にとってマイナスに思えるものも
見つめなおさないといけない瞬間があるからです
自分のことなのに、結構しんどかったりもします

でも、それも自分です。

で、これまでの自分や、今日の自分が
「こんな自分」であるなら

明日の「そういう自分」は、どんな自分像を浮かべますか?

その明日の自分に向けて
今日の、今の自分との差や距離を埋めていけたら

自分が思うなりたい自分に
近づいていけるかもしれませんね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました