自分を伝えることの効果

myumyu

こんにちは、jinです

第一印象ってあると思うんですが
初対面、であるときの状況によっては
その感じ方も、印象も、全然違ってきますよね

例えば

本当に、その日その時その瞬間が
その人の存在を知った、本当に初めての瞬間である場合もあれば

所属する団体のプロフィール欄などで
写真や簡単な経歴をしっている人と初めて対面出会うときもあるし

マッチングアプリのような形の出会いで
チャットや電話などで会話したことがある人と
初めて実際に会うとき

ブログや何かのきっかけでその人のプロフィールだけじゃなく
その人の日々の配信などで考え方や生き方を知り
その後機会があって会えることになったときの初めまして、など

対面での第一印象、って、実はいくつかのパターンがあると思います

会えたことに感動

何かの先立つ人や、尊敬していた人に実際に会うことができた

その時って、憧れの存在に会うみたいな、
何とも言えない感動があると思います

相手には、自分のことは認識のない存在かもしれないけれど
自分は相手のことを知っていて

そんな中の初対面。

めっちゃ緊張しているのは自分だけかもしれませんが
凄い嬉しい瞬間ですよね。

でも、ここで、もし

実際に会う前に、自分が相手に何かしたらのアプローチをしていて

せめて名前だけでも知っていてもらえていたとしたら
初対面での、相手からの自分の第一印象の捉えられ方って
全然違うものになるんだろうなーとも思います。

挨拶くらいしかできない時間なのだとしたら
そこの、関係性の濃さの違いって、大きいんじゃないかなーって
思うんですよね

はじめて会った気がしない

一方、すでにそれまでに、会話のやり取りをしていたりする機会が多かったり

お互いの半生などの事情や経緯を少しでも知っている人と
初めて会う場合

初めてで緊張もするんですけど
それまでに関係性を作れている分

会えてうれしいと同時に、すぐに心が打ちとけるような感覚がします

そうなると
始めまして挨拶の次にかわす言葉の質が変わりますよね!
実際にお話してみたかったんです~っていう気持ちが
すでに近い感じがするんです

全ての出会いが、そんな準備期間があってのことではないですが

今実際に会う機会が減ってる社会で
もし新しい出会いのきっかけがオンラインにあるのだとしたら

自分のことを知ってもらうって、実はめっちゃいい作戦なんじゃないかなって
思ったりします

だから、自己紹介。そのために。

SNSやブログ、よく使われますよね

そこに必要なプロフィール欄などの、自己紹介の枠。

ここって、簡単に書くのもったいないなーって思います。

自分の伝えたいことがある場合は
その伝えたい人に向けての言葉を並べることが大事だとは思いますが

少し幅を広げた仲間やコミュニティの中での自己紹介だと

自分がどういう人生を生きてきて
その中でどういう物語があって
どんなことを考えてきたから
途中にこういう経験や実績が詰めて
今がある。
そして、これから先生きていくうえで
こういうことを大切にしていきたい

なーんてことを書けたら

その文章一つで自分のこと、伝えられるし
そこに写真や動画の一つでもあれば
一気に親近感もわいてくると思うし
あなたのファンになって、話してみたいなあ、って

思ってもらえるかもしれませんよね。

逆に、そういうことを書いている人と
書いていない人

あなただったら、どちらの人と繋がってみたくなりますか?

年齢一つでも、教えてくれている人と、そうでない人

どちらが信頼度が高いですか?

オンラインで、対面でないからこそ
伝えたいこと、伝わっておいたほうがよいこと
あると思うし

もちろん対面になったときに
自分のこと伝えられるほうが、なんだか素敵な出会い増えそうじゃないですか?^^

自己紹介するためには
これまでの自分を振り返ってみることも必要ですね

自己紹介やプロフィールを作りたい、もっと考えたいって方には
アドバイスもできます☆
お気軽に声をかけてくださいね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました